防弾ホスティングの契約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
防弾ホスティングの契約は、誰でもできるものでしょうか。
答えを言ってしまえば、誰でもできます。しかし、費用を払う必要があります。

契約方法について

契約方法は、匿名性を重視するか、お手軽さを重視するかによって変化します。
匿名性を重視する場合は、ビットコインなどの仮想通貨によって支払いを行うことになります。それ以外の場合は、クレジットカードでの支払いが基本ですが、海外送金(電信送金)によって対応している業者もあります。

匿名性を重視するか

防弾ホスティングは、契約者の個人情報を求めるところとそうでないところがあります。
単純に契約者の権利を守るために停止させないタイプの防弾ホスティングの場合、一般と同じように住所、氏名、電話番号などの個人情報が求められます。盗難クレジットカードによる決済を防止するために、電話による確認を求められることもあります。
匿名性を重視するタイプの防弾ホスティングの場合、名前とメールアドレス以外の個人情報は求められません。名前も偽名で利用ができます。この場合、決済は仮想通貨を使用することになります。

手数料に注意

一部の低価格帯~中価格帯の業者の場合、支払い手段によっては手数料が上乗せされることがあります。最終的な価格は決済時に確認することができます。

消費税および付加価値税について

多くの業者では、国外契約者に対する消費税は免税となっています。

広告





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする